Uncategorized

脳ドックのポイント

更新日:

脳ドックは現在これといった症状はなく、脳の病気は見つかっていないという人が受診する事を前提としております。費用は自己負担が原則となりますが、自治体や健康保険組合の助成制度を受けられる場合もありますので、脳ドックが勧められるのは、主に中高齢者・脳卒中の家族歴・高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満・喫煙等があると、重点的な対象者となります。脳ドックを受診する意義としては、脳卒中や認知症の発症の予防に役立てる事にあります。この為には、動脈硬化を進行させる生活習慣病の有無を含めて把握し、総合的な対策をとるという事が大変重要です。また、MRIでは多くの事がわかりますが、すべての異常を検出できるというわけではありません。気になる症状がある方は、家庭医に相談してみて神経内科や脳外科などを受診するというのが得策だと言えます。

-Uncategorized

Copyright© 優&真presents Andreavetsch , 2023 All Rights Reserved.