Uncategorized

リウマチ熱の症状

更新日:

1~5週間ほどの潜伏期間を経て発症するのが一般的だと言えるでしょう。急性期の場合には関節炎の症状が多くみられ、2~3週間で自然によくなっていきます。心炎を合併していなければ予後は良好といってよいと思われます。統計的にみて95%の患者さんは心炎を発症しないか軽症で済むとされています。治療については、急性期炎症期は静療します。診断後、ペニシリンを用いて治療にあたります。必要に応じて、抗炎症薬も使用します。心不全があればその治療も行います。そして、もう一つ大切な事は再発防止に努める事だと言えるでしょう。というのも、一度罹患して、再度A群β溶血性連鎖球菌に感染した際、心臓の臓器障害が更に悪化する事が懸念されるのです。それを避ける為にも、再発防止が大切なのです。

-Uncategorized

Copyright© 優&真presents Andreavetsch , 2023 All Rights Reserved.