Uncategorized

組織診(喀痰・生検) 

更新日:

細胞診は、患者さんへの侵襲が少ない若しくは全くないといってもよい程簡便な形体学的診断法である。がんのスクリーニングとしても日常診療として広く用いられている。細胞診の歴史は1920年よりはじまり、ジョージ・ニコラス・パパニコロウ氏によって考案された。その染色法と判定法は細胞診の発展に大きく貢献したのだ。その一方で組織診は確定診断になり得るのだが、人間ドックにおいてはその適用というのは限られている。
一方で組織診はというと、消化管内視鏡検査時や子宮頸部の検査時などに限定されて行われる検査だ。悪性が疑わしい所見があれば、生検を行うことがあるが、生検そのものは病理医によって診断がなされる。なお、生検と組織診に関わる費用は、検診費用と別途支払う事となるケースが多い為、この点は少し注意が必要であるかもしれない。

-Uncategorized

Copyright© 優&真presents Andreavetsch , 2023 All Rights Reserved.